防犯登録データの抹消について

<防犯登録データを抹消しないリスクについて>

最近、フリマサイト等で防犯登録データを抹消していない自転車の譲渡が増えています。自転車を譲る方、受取る側双方にリスクがありますので必ず防犯登録データを抹消してから譲渡をしてください。

1) 防犯登録データを抹消せずに譲渡するリスク

自転車を譲る方
譲った自転車が盗難に遭ったり、犯罪に使われた場合、もう使用していないにも関わらず、所有者の一人とみなされ、警察から事情を聞かれる可能性があります。
自転車を受取る方
受取った自転車に登録されている他人のデータは抹消できないため二重で防犯登録をすることになります。
警察から前の持ち主との関係を聞かれたり、自分の自転車であることの証明を求められることがあります。

<防犯登録データ抹消の方法>

自転車の防犯登録データは個人情報です。原則本人しか抹消はできません。
前所有者の防犯登録データは前所有者自身が抹消するか、抹消手続の委任状(ダウンロードページを参照: 登録されている本人と譲り受ける方の名前と住所・電話番号、自転車の車体番号、「防犯登録データの抹消を委任する」旨の文言が必要です。)を作成してもらう必要があります。
なお、譲渡証明書は所有権の移動を証明するものであって、個人情報である防犯登録データの抹消手続を許可するものではありません。

1) ご本人の防犯登録の抹消の方法

自転車防犯登録所(自転車販売店)もしくは警察署防犯係で手続を行えます。

<必要なもの>
自転車本体、身分証、お客様控(ピンクの紙)

  • お客様控がない場合でも、名前、住所、電話番号、車体番号が登録内容と合致すれば抹消は出来ます。
  • 防犯登録を行った防犯登録所であれば、登録内容の控えが7年間保管されているのでより確実です。
  • 警察署防犯係ではお客様控がなくとも、データベースで検索して抹消が出来ます。ただし、抹消時の控えは発行されません。

2) 他人名義の防犯登録データを抹消する場合

<必要なもの>
自転車本体、身分証、委任状もしくは前の持ち主のお客様控に「防犯登録データの抹消を委任します」という旨の記載があるもの。
上記、必要物を持って自転車防犯登録所もしくは警察署防犯係で手続をしてください。

ページ上部へ戻る